クマでもできる紫外線対策
TOP > 紫外線対策法 > 日焼け時のタブー
紫外線対策法
■日焼け止めで対策
日焼け止めのススメ
日焼け止めの選び方
■身につけて紫外線対策
紫外線をカットする素材
サングラスの選び方
日傘の選び方・持ち方
■食事で紫外線対策
紫外線に効果ある食物
■その他
日焼け時のタブー
気になるシミの対処法

TOPページへ戻る
日焼け時のタブー
日焼けは火傷の一種です。日焼けしゃった!と放っておき、ケアをしないと後々大変な目、痛い目にあいます。しっかりとしたケアが必要です。

■日焼け時のタブー

1.化粧品を塗らない
化粧人を塗る事によって日焼けが、かえって悪化する場合があります。収まるまでは化粧をなるべく避けるようにしましょう。

2.熱い風呂には入らない
熱い風呂は肌、皮膚に刺激をあたえる事になります。ぬるめの湯につかるようにしましょう。

3.太陽光線を避ける
日焼けした箇所へさらに日光をあてる事は状況悪化させます。なるべく日陰を選び、日が当たらないようにしましょう。

4.衣服の着脱はゆっくりと・・
衣服の着脱を乱雑に行うと、皮膚がこすれ皮がめくれてしまう事もあります。ゆっくりと丁寧に!


■日焼け時の対処法

1.やけどケア
・冷水に浸けたり、冷水タオルをあて火照りを沈める。
・皮膚科などで処方されるアスピリン(消炎剤)を飲む。
・かゆみが出た場合は軟膏などでかゆみを抑える。かかない。

2.肌のケア
・ビタミンCを多く摂取する。
・たばこをやめる。タバコはビタミンCを破壊するので。


>>次の記事「気になるシミの対処法」もご覧下さい。




▲ページの先頭へ

当サイトの情報は私個人の判断に基づき構築した為、ご利用は自己責任においてお願い致します。
当サイトの文章、画像の無断転載はご遠慮下さい。