クマでもできる紫外線対策
TOP > 紫外線対策法 > 日傘の選び方・持ち方
紫外線対策法
■日焼け止めで対策
日焼け止めのススメ
日焼け止めの選び方
■身につけて紫外線対策
紫外線をカットする素材
サングラスの選び方
日傘の選び方・持ち方
■食事で紫外線対策
紫外線に効果ある食物
■その他
日焼け時のタブー
気になるシミの対処法

TOPページへ戻る
日傘の選び方・持ち方
いくら日焼け止めを塗ったとしても、日のあたる場所に長時間肌をさらしてはさすがに害がないとは言い切れません。そこで役立つのが日傘や帽子などの日陰を作るグッズです。

ここでは主に日傘について取り上げていきたいと思います。

■良い日傘の選び方

日傘は白っぽい色よりも黒っぽい色を選ぶ事をおすすめします。黒は白よりも紫外線遮断効果が高いからです。もちろん白でも光を反射させる効果があるので、ささないよりは紫外線を遮断する効果がありますよ。
もちろんUV加工がされている日傘をおすすめします。

黒は熱を吸収する為、非常に暖められます。夏期などは、暑さによって白い傘と使い分けると尚良いです。


■日傘の持ち方

日傘はたとえUV加工がされていても、肌から離れれば、離れるほど紫外線をカットする力が弱くなるといわれています。なるべく柄を短く持って、肌から離さないようにさすのがコツです。

日傘もいいですが、レジャーなどでは帽子など手が自由になるグッズをかぶるとよいですね。


>>次の記事「紫外線に効果ある食物」もご覧下さい。




▲ページの先頭へ

当サイトの情報は私個人の判断に基づき構築した為、ご利用は自己責任においてお願い致します。
当サイトの文章、画像の無断転載はご遠慮下さい。