クマでもできる紫外線対策
TOP > 紫外線対策法 > 日焼け止めの選び方
紫外線対策法
■日焼け止めで対策
日焼け止めのススメ
日焼け止めの選び方
■身につけて紫外線対策
紫外線をカットする素材
サングラスの選び方
日傘の選び方・持ち方
■食事で紫外線対策
紫外線に効果ある食物
■その他
日焼け時のタブー
気になるシミの対処法

TOPページへ戻る
日焼け止めの選び方
■用途にあった日焼け止めを選ぼう!

前項でも書きましたが、日焼け止めには幼児用から大人用まで様々な種類があります。それぞれの用途に合わせた日焼け止めを選ぶ事が必要です。

では、どのような事を基準に選んだ方がいいか?このコーナーでは良い日焼け止めの選び方をご紹介します。


■日焼け止めにある2種類の値に注目しよう!

日焼け止めには、「SPF」と「PA値」があり、日焼け止めを購入する時にはチェックしよう。

■SPF(Sun Protection Factory)
このSPFは、日焼けの原因となる紫外線B(UV-B)を防ぐ指数で、このSPFの効能が20分前後と言われています。このSPF値が高ければ高い程、紫外線を防ぐ効果が長くなるという事です。日本ではSPF50+が最大値となっています。

■PA(Protection grade of UVA)
PAは、紫外線A(UV-A)を防ぐ指数で+の数によって三段階で表示されています。
+の数が多い方が効果が強いという事です。

■日焼け止め目安表

体質→ 赤くなるが黒くならない 赤くなり黒くなる 黒くなりやすい
日常生活 SPF10 PA+ SPF10 PA+ SPF5 PA+
外出時 SPF30 PA+++ SPF20 PA++ SPF10 PA+
レジャー SPF50 PA+++ SPF30 PA+++ SPF20 PA++

■日焼け止めの注意点

1.一度にたくさん塗らない。こまめに塗り直しましょう。
 外出時には特にこまめに塗り直すのが吉。

2.外国産の日焼け止めはSPFが高めに設定されているので気を付けよう。

3.肌に合わなかったらすぐやめる事。腕などに試し塗りして様子をみよう。


>>次の記事「紫外線をカットする素材」もご覧下さい。




▲ページの先頭へ

当サイトの情報は私個人の判断に基づき構築した為、ご利用は自己責任においてお願い致します。
当サイトの文章、画像の無断転載はご遠慮下さい。