若ハゲ対策生活・薄毛、抜け毛を防ぐには
若ハゲ対策生活TOP若ハゲ対策生活 初めてご覧になる方若ハゲ対策生活 フレンドリンク若ハゲ対策生活 コンタクト
若ハゲの原因とは?
気づいたら進行している若ハゲ。
ではこのハゲるという現象の原因は何でしょうか?

■男性ホルモンの影響
一説では男性ホルモンの影響によるものだと考えられています。
男性ホルモンから分泌されるある成分が血液をめぐり頭皮に到達し、その後、毛穴に付着する為、生え際が詰まり、結果薄毛や抜け毛を増やす事となります。

そこから考えると、思春期の男性ホルモンが分泌される時期から徐々にハゲが始まると言えます。ただし人によって体質がある為、男性ホルモンが多いから必ずハゲるというわけではないそうです。

■遺伝
遺伝という説も一般的に多く言われている事です。
親や兄弟、祖父などにハゲの方がいれば、少なからずハゲの遺伝因子を持っている事になります。

ただし遺伝だからといって必ずハゲるものではありません。親類がハゲていても早い時期からケアする事によってハゲ現象を未然に防いでいる例はたくさんあります。

■ストレス
円形脱毛症でも馴染みがありますが、ストレスは髪に大きな影響をあたえると言われています。
少なからず人はストレスを抱えているものですが、性格的に落ち込みやすかったり、ストレスを抜くことが下手だったりと深刻に受け止めてしまうと精神衰弱を引き起こします。

精神的なストレスは人体のホルモンバランスを大きく崩し、頭髪の成長を著しく妨げる結果となってしまいます。
これがひどい状態になると冒頭でも述べましたが、円形脱毛症という特殊な髪の病気にかかってしまう事もあります。

■食生活
身体の健康にとっては全般的によく言われる事だと思いますが、食生活の乱れはハゲにつながる可能性が高くなります。

脂肪の摂取量が多かったり、動物性の食材など偏った食事をとると脂肪として体内に蓄積され、汗腺や皮脂腺から分泌される汗や皮脂が多くなり、頭皮の毛穴に老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

また野菜などは頭髪を促進させる効果がありますので、こうした食物を取らないと必要なビタミン要素が不足し、抜け毛につながる事もあります。

またタバコやお酒などの刺激物は肝臓や血管の収縮等で栄養が行き渡りづらくなる為、頭髪に悪いとされています。

■私生活の乱れ
睡眠不足等の私生活の乱れは頭皮に大きな影響を与えます。

また頭皮が不衛生な状態が続くと毛穴に皮脂が溜まり詰まってしまうため、新しい毛がはえる事を抑制してしまいます。
ですが、毎日ゴシゴシと洗えば良いというわけではありません。
強いシャンプーでゴシゴシ洗いすぎても頭髪に悪い影響をあたえます。

※シャンプーとその洗い方については別項でご説明します。
正しいシャンプーと洗浄方法で頭皮・頭髪をケアしてあげる事が大切です。

■頭皮・頭髪の病気
ホルモンバランスやストレスにより様々な頭皮・頭髪の病気を引き起こす場合があります。
また薬の副作用で抜け毛が多くなるものもあります。


次はこちらをご覧下さい。
>>若ハゲの基礎知識「ハゲの種類を確認」