若ハゲ対策生活・薄毛、抜け毛を防ぐには
若ハゲ対策生活TOP若ハゲ対策生活 初めてご覧になる方若ハゲ対策生活 フレンドリンク若ハゲ対策生活 コンタクト
若ハゲとはなに
ハゲと聞いて勘違いする方もいらっしゃいますが、ハゲの正式な定義は、病気や怪我など身体的な異常状態をのぞき、頭に毛が生えない状態の事を言います。

日本男性は平均10万~15万本の毛髪が生えています。
しかしハゲ状態になると髪が太くなる前に成長が止まってしまい、細く短い弱い髪の毛が大量に増えてしまい、長い毛が無くなってしまうため、頭髪の密度が極端に減るため、見た目で薄毛に感じるようになります。

また頭の毛孔(穴)から通常2~5本生えているはずの髪が、段々と少なくなっていき1穴につき1本しか生えていない状態になります。

このような状態を一般的に「男性型脱毛症」と呼び、脱毛の95%を占めていると言われています。

以上のような状態が歳をとってからおこる場合もありますが、10代から発祥し、進行していく状態を「若年性脱毛症」と呼びこれを一般的に若はげと呼んでいるわけです。

次のコーナーからハゲ現象についてしっかりと知識を学び、少しでも脱毛(若ハゲ)を防げるよう考えていきましょう。


次はこちらをご覧下さい。
>>若ハゲの基礎知識「若ハゲの原因とは?」